ハイアラージン(皮膚真菌症治療薬)

ハイアラージンは、長生堂製薬が製造した抗真菌薬です。
トルナフタートという成分を含有している薬で、爪白癬など真菌が原因の皮膚病に使用されます。

ハイアラージンの特徴

ハイアラージンはチオカルバミン系の抗真菌薬です。
白癬菌に強い抗菌作用を示しますが、カンジダにはあまり効きません。

詳しい効果効能、注意点、副作用については下記の「ハイアラージンの種類(容量・形状)」の添付文書をご確認下さい。

医療用医薬品 : ハイアラージンⓇ 軟膏2%(kepp.jp)

ハイアラージンの添付文書(PDF)

ハイアラージンの種類(容量・形状)

ハイアラージンは、軟膏と液剤の2種類の製剤として販売されています。
液剤は刺激が強いのが欠点ですが、浸透力が強いので、皮膚が厚く角質化している患部に適しています。

医療用医薬品

医療用医薬品として、長生堂製薬から以下のような商品が販売されています。

  • ハイアラージン外用液2%
  • ハイアラージン軟膏2%

どのくらいの容量?(用法)

ハイアラージンは、複数の容量で販売されていますが、どのくらい使用したらいいのでしょうか。
添付文書には以下のように書かれています。
通常、1日2~3回、適量を患部に塗布又は塗擦する。

※正しい使用量は医師と相談してください。

ハイアラージンの入手方法

ハイアラージンは処方箋薬なので、薬局では販売されていません。
日本国内では医師の診断を受け、処方箋を書いてもらうことで購入が可能になります。

 
 ページの先頭に戻る