水虫の症状を種類ごとに解説。あなたの水虫はどのタイプ?

部位を問わず、かゆみや皮膚の剥がれなどの症状が現れた場合は水虫を疑いましょう。中には、水虫の代表的な症状であるかゆみや発疹などが現れない水虫もあります。ここでは、水虫の症状と種類について解説いたします。

足の水虫(足白癬)

足の水虫は、医学的に「足白癬(あしはくせん)」といいます。足白癬は、次の4つに大きく分類されます。

それぞれの症状を確認していきましょう。

趾間型水虫の症状

足白癬の中でも最も患者数が多いといわれています。足の指と指の間の皮膚が剥がれたり、赤く腫れたりします。患部には強いかゆみが現れて、皮が剥がれると湿ってきて赤くただれる場合もあります。希ですが、皮が剥がれた部分の周りが硬くなって、ひび割れることもあります。

小水疱型水虫の症状

足の裏や側面など体毛がない部分に発症します。かゆみを伴う小さな水疱が多数現れます。水疱の周りが赤く腫れたり、水疱が集合して大きな塊になったりすることがあります。また、水疱が破れることで細菌感染を起こし、皮膚がかぶれることもあります。

角質増殖型水虫の症状

角質増殖型水虫を発症すると、足の裏の角質が厚く硬くなります。すると、乾燥によってひび割れを起こしやすくなります。水虫の代表的な症状である水疱やかゆみが現れないことが多いため、水虫だと気づくことが難しいといわれています。

爪水虫の症状

爪白癬は爪の水虫です。爪が厚くなると共に色が濁ります。また、爪の表面がボロボロになったり筋ができたりします。症状が進行すると、爪の周りが炎症を起こして靴を履くときなどに痛むようになります。

足以外の水虫

水虫といえば足にできるものと想像してしまいがちですが、全身のどこにでもできる可能性があります。足以外にできる水虫にどのようなものがあるのか確認していきましょう。

手の水虫

手の水虫のことは手白癬といいます。足白癬と同じく、角質増殖型水虫、小水疱型水虫趾間型水虫、爪水虫に分類されます。中でも角質増殖型水虫を発症するケースが多いといわれています。足にできるものと同じく痛みやかゆみが現れないため、気づきにくいことが特徴です。

その他のタイプの水虫も、足白癬のそれと同じ症状が現れます。

頭の水虫(しらくも)

白癬菌が髪の毛に感染すると、頭の水虫を発症します。医学的には「頭部白癬」、一般的には「しらくも」と呼ばれます。現代において、発症する人は稀だといわれています。

主な症状は脱毛です。髪の毛が楕円形に抜けて、皮膚の表面にピンク色のうろこのようなカサつきが現れます。かゆみなどが現れないため、他人に指摘されて気づくケースが多いです。また、頭の一部のみの髪の毛が薄くなり、フケが発生することもあります。この場合は、髪の毛が折れたり抜けやすくなります。

股部の水虫(いんきんたむし)

いんきんたむしは、医学的に「股部白癬」と呼ばれます。股間からお尻の周りにかけて隆起した発疹が現れる病気です。強いかゆみをともなうことが特徴で、発疹が水疱に変わることもあります。股間や鼠径部(そけいぶ)から発疹が現れ始め、お尻や陰茎・陰部へと左右対称に拡がっていきます。

また、股間やお尻はデリケートな部分であるため、かきむしることで色素沈着が起こり、黒ずんでしまうことがあります。

体部の水虫(ぜにたむし)

これまでに紹介した手足や頭、股部以外に発生する水虫のことを「ぜにたむし」といい、医学的には「体部白癬」と呼びます。また、髪の毛に感染するしらくもとは区別される場合があります。

円形から楕円形に発疹が拡がります。円の縁はピンク色をしており、うろこのような見た目になります。このような見た目であるため、「輪癬(りんせん)」と呼ばれることがあります。

初期症状

水虫の種類によって初期症状が異なります。しかしながら、ある程度の共通点があるので、それを確認しておきましょう。

足の指や足の裏にムズムズするような違和感がある

足の指や足の裏に違和感がある場合は、爪白癬以外のタイプの足白癬が疑われます。角質増殖型水虫は気づきにくいので、このような症状が現れた場合は患部を確認しましょう。

気にならないほどのかゆみや、ピリピリとした感覚

角質層から白癬菌が侵入すると、ケラチンという皮膚に含まれる成分が溶かされます。そうして生産された代謝物が真皮層という皮膚の奥深くの部分へと進んでいきます。

代謝物を排除するために、体内で化学伝達物質が作られて患部へと送り込まれます。すると、真皮の血管や神経が刺激されてかゆみが発生します。初期段階では、気にならない程度のかゆみやピリピリとした感覚が起こります。

かゆくない場合もある

角質増殖型水虫はかゆくないことが特徴です。初期段階では全くと言っていいほどにかゆみが現れないといわれています。

治りかけの症状

治りかけの症状は水虫の種類によって異なります。発疹が現れている範囲が狭くなってきたり、発疹の赤みや腫れが治まったりします。この段階で治療をやめてしまうと、再発する恐れがあります。

皮がむけたりするのが特徴

初期段階からかゆくなることで、患部をかきむしってしまい、皮がむける場合があります。

かゆくても自然にむけるのを待つ

どれだけかゆくても、皮が自然にむけるのを待つことが大切です。かきむしることで二次感染を起こし、かゆみも強くなっていきます。

有効な対処

水虫は足だけではなく、手や顔など、全身のどこにでもできる可能性があります。部位によって症状は様々ですが、適切な薬物治療を受ければ、たいていの場合は症状の改善あるいは完治が可能です。

足の水虫は基本的に塗り薬で対応しますが、爪の水虫の場合は薬剤の浸透力を考慮して、処方薬の飲み薬を服用することを検討しましょう。通常は病院で処方してもらうのですが、通販で購入することもできます。水虫を早く治したい方や、複数部位の水虫を一気に治したい方におすすめします。

 

水虫の薬を通版でかんたんに購入する方法

 ページの先頭に戻る