陰部にできる水虫「いんきんたむし」(股部白癬)の症状と治療法まとめ

いんきんたむしは、医学的に「股部白癬」と呼ばれています。水虫の原因となる白癬菌が股部に感染することで発症します。ここでは、いんきんたむしの症状や感染ルート、治療法などについてまとめていきます。

どんな症状か

いんきんたむしは、非常に強いかゆみを感じることが特徴です。身体に異物が侵入することで免疫細胞が働くのですが、それによって皮膚に炎症や強いかゆみが現れます。

このような理由により、他の水虫でも種類によっては強いかゆみを伴うのですが、いんきんたむしは股間や臀部、陰部などデリケートな部位に発症するため、手や足と比べてかゆみが強く現れるのです。

また、特徴的な丘疹も現れます。縁が赤い輪の形に盛り上がり、左右対称であることが特徴です。また、時間が経過すると丘疹の中央部が健康な皮膚のような見た目になりますが、白癬菌の感染は持続しています。

股部に水虫ができる原因・感染ルートは

白癬菌を含む多くの細菌は、高温多湿の環境を好みます。股部は下着で覆われているため、高温多湿の環境になりやすいのです。

いんきんたむしの感染経路は、白癬菌を股部に持つ人との性交渉、大衆浴場や自宅の風呂場の床、岩盤浴やサウナ、プールサイド、公衆トイレの便座などが挙げられます。

治療方法

いんきんたむしの治療には、ケトコナゾール(ニラゾール)やラコナゾール(アスタット)、ルリコナゾール(ルリコン)、リラナフタート(ゼフナート)などを含む外用剤を用います。強いかゆみを薬で抑えて、生活の質を落とさないように過ごすことが大切です。症状がある程度治まったからと言って自己判断で治療を中止すると、再燃する可能性があります。

治療中は白癬菌の増殖や新たな細菌感染を防ぐために、患部を清潔に保ち、通気性のよい下着を身につけるようにしましょう。

また、自分が感染源となり、大衆浴場やプールなどで他人にうつしてしまう可能性もあるので、完治するまでは公共の施設の利用を控えましょう。自宅の風呂場に座らないようにするなど、家族にうつさないよう配慮も必要です。

治療期間と治療費

抗真菌薬の外用剤を1日に1~2回塗る治療を約1週間続ければ、症状はある程度改善することが多いようです。しかし、1週間の治療では完治しません。症状が消失したように見えることがありますが、白癬菌は角質の奥深くまで侵入しているため、感染は持続しているのです。

一般的に、いんきんたむしの完治には3~6週間程度かかるとされています。

外用剤で治療するため、費用に関しては患部の大きさや重症度で異なります。それほど重度ではないのであれば、診察費も含めて3,000~5,000円程度の費用で済むと考えられます。

まとめ

いんきんたむしは他の水虫と比べて強いかゆみを伴うのが特徴です。生活に支障をきたす恐れがあるので、早めに治療を受けることが大切です。約1週間で症状が改善することが多いのですが、白癬菌の感染は続いているので、医師の許可が降りるまで治療を続けましょう。

薬の費用を抑えたい方や、月に二回病院に行く時間がない方には、通販で処方藥を購入するのを検討しましょう。通常は病院で処方してもらうのですが、通販で購入することも出来ます。

水虫の薬を通版でかんたんに購入する方法

 
 ページの先頭に戻る